住宅ローンの返済が苦しい

収入が激減して住宅ローンの返済が苦しいという悩みを抱えている人もいるでしょう。
お金のことで悩み過ぎは良くありません。
住宅ローンの返済が苦しい時は今住んでいる家を手放して売却代金をローンの返済に充てるという方法もあります。
ただ、家を売却するにあたっては銀行の同意が必要です。
住宅ローンを利用する際には対象となる物件に抵当権が設定されます。
抵当権つきの物件は売却しようにも買い手が付きません。
この抵当権を解除するために銀行の同意が必要なのです。
家の売却価格がローンの残額を大幅に上回る可能性が高い場合は銀行も同意してくれるでしょう。
しかし売却価格がローンの残額に届くか微妙な場合や明らかに不足している場合は、銀行の同意を取り付けるのは困難です。
同意してほしければ自分で不足額を補えることを証明する必要があります。
交渉がうまくいかない場合は弁護士に相談するという方法も考えられます。
コストはかかりますが、ひとりで悩みを抱えているよりも良いかもしれません。
銀行がどうしても同意してくれない場合は賃貸に出すという方法もあります。
賃貸料をローンの返済に充てるのです。
ただ、駅から遠いなど条件が悪くて借り手がつかないときはこの方法はとれません。